統一教会の経典の秘密

韓国メシヤ運動史研究所シリーズ第5巻 統一教会の経典の秘密 『原理原本』から『真の父母経』まで

イエス様の仕事を受け継いだその瞬間がお父様は独生子の資格だ。分かったか。

● 2014年 6月14日、天正宮全国公職者集会での韓鶴子の言及(金孝南とスイス旅行から帰って来た直後)

 

「天が堕落した人類を探し立てる為の努力は、イスラエル民族を通して4千年間、蕩減復帰して行きながら完全な堕落しなかった完全な血統を探して来られました。それが独生子イエス・キリストだった、それでは、天は独生子だけを創造しただろうか。独生女を創造して来られました。ところが、独生子が誕生して摂理歴史が独生女と一緒に成されなければならなかったのですが、成されませんでした。それでイエス・キリストは行かれて、再び来ると言いました。独生子のその基台は生きているのです。天の摂理歴史、キリスト教の2000年摂理歴史は何かというと、新婦を探してきた宗教です。それ を知らなければなりません」

 ここで新婦とは韓鶴子を意味する。統一教会の神学的観点において、キリスト教2000年歴史は再臨主(創始者)の為の準備期間であった。人類が再臨メシヤを迎えることができなかったり、メシヤが個人的な責任を果たせなければ、メシヤの新婦は再臨メシヤを迎えることができないというのが、統一教会が教えてきた一貫した教理であった。ところが、韓鶴子キリスト教2000年歴史が専ら自分を迎える為の摂理であったと主張している。創始者の教えは、アダムの立場である創始者が個人的な蕩減路程において勝利したため、完成したエバの立場であるメシヤの新婦、即ち韓鶴子を迎えて結婚することができたというものである。キリスト教2000年歴史の結実として新婦(韓鶴子)が存在したために創始者が個人的な蕩減路程で勝利することができたという主張は、創始者の認識とは異なる。

 

● 2014.7.1. 韓鶴子、母胎から血統転換を主張


「ここに座っている真の母は、六千年ぶりに誕生した独生女だ。全て証拠がある。…血統転換、私は母胎からだ。…アボジの歴史は、イエス様の仕事を 受け継いだその時、その瞬間がお父様は独生子の資格だ。分かったか。そのことを知らなければならない。これまでの2千年歴史は、独生女を探して来 られた歴史だ。…この歴史的な秘密を私が教えてあげた。真の家庭はこのように困難な中で、六千年間の時間をかけて、天が心を焦がして探され苦労して探して来られた独生女を皆さんは知っていたか。知らなかっただろう。
だから私でなくてはならないのだ。皆さんは私に出会えて幸運だ。
…それから清平のことであれこれ言うな。大母様の特別権限だ。これは、天が聖別して育ててきた独生女の家系だ、分かったか。他の人たちは、お父様に近い人だとしても、これはできない。大母様だけができることだ。肉身を借りて働く訓母に対して、あれこれ言ってはいけない。分かったか。私が生きている限り、皆さんが心配することは何もない。分かったか*1

 

 創始者の聖和2周年を迎え、韓鶴子はついに真の父母の価値よりも独生女の価値を優先するいわゆる「独生女論」を本格的に主唱し始めた。その上に自分を 「6千年を経て誕生した独生女」と規定した。韓鶴子の全ての言及は「自分は6千年前に堕落した正にそのエバが復活した存在」という多少奇妙なニュアンスの言及と見られる*2。そして、韓鶴子の独生女の証拠としてキリスト教神霊集団の誰々の証言と出生に関する話、韓鶴子の母方の先祖である趙漢俊に関する伝説などが言及されている。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

*1:2014.7.1.天正宮訓読会での韓鶴子の説教.http://trueparents.jp/?page_id=1767.

*2:『み言葉選集』第69巻,64頁.1973.9.10.創始者はかつて、「私たちが行くべき真なる人生の道と は、神様を私の父として侍り、その父の真なる息子娘、即ち独生子・独生女となることだ」と力説す ることによって、独生子・独生女の価値実現の普遍性と全体性を明示した。『み言葉選集』第41 巻,201頁.1971.2.15.

人類史上最も邪悪な金振春の「独生子・独生女・真の父母論」

真のお母様と独生女問題 - 金振春の「独生子・独生女・真の父母論」 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

「蕩減復帰摂理歴史を私が終了させた」と強弁する韓鶴子の態度

● 2013年8月15日、天正宮訓読会で韓鶴子


「私は1960年、幼い年齢でしたが、私がそうしました。蕩減復帰摂理歴史は私が終了させました」


と語った。2013年創始者聖和1周年を迎えて、韓鶴子は蕩減復帰摂理歴史を終結させた唯一の主体が自分自身であると主張している。創始者が残した数多くの言及と統一教会の信仰を一々列挙するまでもなく、統一教会の神学的観点から見ると、「蕩減復帰摂理歴史」を理解し「終了」する概念を悟り、それを成し遂げる人生を生きた主体は創始者であった。創始者の観点から見ると、韓鶴子創始者の選択により教育を受けて蕩減復帰摂理歴史に同参したに過ぎない*1


韓鶴子創始者の対象であり「真の父母」の一人として、「統一教会の復帰摂理」に注いだ苦労を統一教会の誰も貶めたり無視したりしない。創始者の妻として韓鶴子の摂理的価値は常に「真の父母」であった。「蕩減復帰摂理歴史を私が終了させた」と強弁する韓鶴子の態度は、この言葉を通じて解消しなければならない内的欲求を現わしている。勿論、韓鶴子の主張は創始者の考えと違う*2が、自分が幼い年に40代の離婚者(創始者)と結婚してあげることで、彼を真の父母にしてあげたという主張をしてでも自分の苦労を認められたかったのではないかと思われる。しかし、創始者の観点は、17歳の幼い少女・韓鶴子がメシヤの新婦となったのは創始者の不可避的な選択であり、決して絶対予定ではなかった*3韓鶴子のこの日の発言も、韓鶴子統一教会創始者統一教会と違う宗教であることを確認できるものとなっている。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

 

*1:「神様が失った歴史時代、アダムとエバの失敗した歴史時代に初めて、神様の愛を受けることができる血統的内容を中心として、地球星に独生子が生まれました。これが聖書の骨子思想では ないですか。地球星に独生子が生まれました。神様の長男が生まれたというのです。しかし独生子は生まれましたが、独生女がいません。何故なら、エバは堕落したので、サタン世界から探して来なければなりません。アダムが責任を果たせずに失ったのです」『み言葉選集』第348巻,55 .2001.07.06.;「それゆえ、長子権復帰、その次に独生子という言葉が出てきます。独生女はどうなるか、イエスが創造しなければなりません。本来、アダムを創ってエバを創ったのと同じよう に、男が先に出てこなければならないのです。独生女がいません」『み言葉選集』第519巻,304 頁.2006.3.7.

*2:統一教会は内外が一つになっていません。オモニ一人がどうしたわけか、そのことを残念に思っていません。そうであってはならないというのです。オモニ自身、今、何か先生に対し、少女の 時に何も知らないことをよいことに利用して食べたと考えているのです。そんな考えを未だに持っています。話せば、目をこのように大きく開けます。自分の目が上に上がろうとします」『み言葉 選集』第597巻,163頁.2008.9.9.;第341巻,145-146頁.;第342巻,160頁,225頁.;第343巻,57-58頁.; 第344巻,268-269頁.;第345巻,89頁.260-261頁.;第346巻,152-153頁.;第350巻,70頁,第316-317頁.; 第352巻,217-218頁,323頁.;第354巻,203頁.;第355巻,119頁.;第356巻,202頁,315頁.;第360巻,146 頁.;第361巻,176頁.;第362巻,235-236頁.;第364巻,292頁.;第366巻,317頁.;第367巻,202頁,263-264 頁,270-271頁.;第369巻,76頁.;第386巻,20頁

*3:『み言葉選集』第362巻,123頁.2001.12.9.「キリスト教聖霊(母)を中心として来られる主様の前に実体新婦になることができる基準と、その息子娘の家庭と連結されなければなりません。それ が何かというと、キリスト教が反対しなかったなら、聖進の母親がその位置に立ち、聖進がその 位置に立つのです」

経典改定の終着:韓鶴子の独生女論

6)経典改定の終着:韓鶴子の独生女論*1
 創始者他界前の2012年8月23日、韓鶴子の指示で経典改定の為の「み言葉編纂委員会」と「天聖経増補版編纂委員会」が組織された。委員長金榮輝が提示した経典改定の最大の正当性は、まさに創始者と一体を成した神様の妻、韓鶴子の指示であった*2。前述したように、経典の毀損と改定は、韓鶴子の神格化と共に行われた。特に創始者の他界直後に露骨に表出された韓鶴子の独生女認識は、短い時間で推進されてきた経典改定の動機であり結論であり、それは 『真の父母経』として具体化した。

 完成したアダムとしての「独生子」と完成したエバとしての「独生女」に関する話*3は、創始者の「み言葉集」に非常に多く言及されている*4。その多くの言及の中で、 いわゆる独生子と独生女の話が今まで統一教会の重要な神学的主題にならなかったのは、この用語の概念が全ての男性と女性が完成すべき普遍的な人間像、即ち完成したアダムとエバを意味する用語のそれ以上でも以下でもなかったからである。アダムとエバが行くべき縦的8段階と横的8段階の「復帰途上*5」に「独生子」 と「独生女」がないのは勿論のこと、『原理講論』には唯の一回も「独生女」に対する言及はない。統一教会の信仰者が知っている人間の最高の地位は独生子や独生女ではなく、神様の創造目的を完成した「真の父母」であった*6ことも、突然に登場した独生女論に統一教会の信仰者が当惑する理由と見られる。

 

韓鶴子の独生女に関する言及
● 2012年9月30日、韓鶴子は秋夕節特別集会において
「私は17歳で聖婚した後、2つのことを決心しました。そして、その決心したことを全て成してさし上げました。皆さんが想像もできない難しいことを全て成してさし上げました。私でなければ、どうして万王の王になることができたでしょうか。私でなければ、どうして真の父母になることができたでしょうか。私によって万王の王、真の父母の座に至るようになりました。それを成してさし上げるのに、皆さんには想像もできない困難があったということを知らなければなりません」

と言った。この文字上の意味が統一教会の伝統と違うと見る人はいないが、この言葉に含まれた韓鶴子の意図は2016年12月25日と30日に公言した韓鶴子の無原罪独生女の主張において明確になった。

 創始者を完成させて真の父母、万王の王にしてあげた存在が正に韓鶴子自身であり、その為に言葉に言い表せない困難を経てきたという主張は幾つかの論難の材料を内包している。韓鶴子のこの主張は完成したエバなしには完成したアダムの小羊の婚宴はあり得ず、完成した真の母がなければ完成した家庭はあり得ないので、真の母の完成は真の父の完成と共に完成した真の家庭の絶対条件という意味を内包している。この言及が統一教会の教理と完全に違うとは言えないが、完成したアダムである真の父の存在が真の母の存在よりも優先される条件であるという点を考慮すると、この言葉の本意が統一教会の教理と一致するとは考えられない。

 統一教会の教理によれば、完成した後のアダムである真の父(創始者)は後のエバである真の母(韓鶴子)の絶対前提となる。後のアダムがいなければ後のエバは存在自体が不可能である。絶対者の復帰摂理は、完成した後のアダム(メシヤ)の出現から始まる*7。後のエバとして選ばれた一人の女性が完成したエバとして失敗すれば、後のアダムは他の後のエバを探すことができるというのが創始者の教えだった。それゆえ、創始者韓鶴子が完成して人類の真のお母様になることを基元節の条件とし、それが不可能であれば、離婚して他の後のエバを探さなければならないとまで語ったのである*8

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

*1:この部分は、筆者の拙著『統一教会の分裂』262-274頁を参照にした。

*2:http://cafe.daum.net/W-CARPKorea/cSkJ/21262.;世界平和統一家庭連合,「天聖経増補版に対す る正しい理解と摂理的価値」,2013.7.8.

*3:独生子(only-begotten Son)とは、「神様の一人息子、長男」という意味で、イエス・キリストを指すキ リスト教の神学的用語である。「み言葉が肉体となり、私たちの内に宿った。私たちはその栄光を 見た。それは父のひと子としての栄光であって、恵みと誠とに満ちていた」(ヨハネ福音書1:14)とい う聖句や、「神はそのひと子を世につかわし、彼によって私たちを生きるようにして下さった」(ヨハ ネの第1の手紙4:9)という聖句などで言及されている。

*4:『み言葉選集』41巻,310頁.;第23巻,163頁.1969.5.18.;第185巻,187頁.1989.1.8.;第115巻,133 頁.1981.11.8.;第231巻,21頁.1992.5.31.;第34巻,342頁.1970.9.20.;第23巻,149頁.1969.5.18.;第115 巻,133頁.1981.11.8.;第23巻,176頁.1969.5.18.;第135巻,124頁.1985.10.4.;第143巻,25頁.1986.3.15.;第 159巻,198頁.1969.5.12.;第79巻,188頁.1975.7.27.;第58巻,218頁.1972.6.11.;第41巻,200頁.1971.2.15.; 第94巻,41頁.1977.6.26.;第94巻,49頁.1977.6.26.その他、多くの所に登場する独生子、独生女の意味 を総合的に分析すると、「独生子、独生女」は、「神様の愛を完全に受けることができる完成したアダムとエバ」を意味する。独生子がまず来て独生女を選び、エバができなかった責任を果たさせることによって、独生子は真の父、独生女は真の母となり、神様の真の家庭の標本となる真の家庭を成さなければならないと創始者は説明する。独生子と独生女の概念は、復帰され完成した男性と女性、 即ち人類の全ての男性と女性が復帰の過程で到逹すべき完成した男性と女性を意味すると見るこ とができる。創始者の言葉によると、一番目の独生子が完成したアダムであり、二番目の独生子がイ エス・キリストであり、三番目の独生子が再臨主(創始者)であるが、全ての人類は完成して再臨主の モデルに従い、全て独生子・独生女にならなければならないと教示した。

*5:「皆さんの体は、サタンの支配から脱して神様と一つになっていますか。自分を完全に否定しなければサタンに勝つことができません。それで苦労せよというのです。3年半の間、乞食、僕の僕から上って来なければなりません。縦的に僕の僕から僕•養子•庶子•直系子女、その次には母•父•神 様、このように8段階です。また、個人•家庭•氏族•民族•国家•世界•天宙•神様、これも8段階です。ですから、縦的に8段階で横的に8段階です。それが原理観です。先生の言葉ではありません」『み言葉選集』189巻,141頁.1989.4.1.

*6:『み言葉選集』第23巻,148頁,163頁.;第34巻,342頁.;第79巻,189頁.;第103巻,17頁,19頁.;第135 巻,125頁.;第136巻,168頁.;第143巻,24-25頁.;第159巻,186頁,189-190頁.;第160巻,272頁.;第185 巻,186-187頁.;第203巻,282頁.;第231巻,21頁.;第252巻,125頁.;第342巻,234-235頁.

*7:『原理講論』韓国語版 241-259頁.

*8:『み言葉選集』第479巻,156-157頁.2004.12.4:「精子卵子が出発して、神様の愛の心情を持ったその精子が出発して何千万年です。定着できませんでした。参与者の、愛の相対の卵子の家に入って育つことができなかったというのです。それで、女の子宮でそのような精子を育てて、私が母の心を持って愛するという愛の心を持つことができる女がいるかというのです。そのような女を探す為に私は離婚もしました。何のことか分かりますか。その為に、お母様の代わりの候補者を 立てて訓練させるかも知れません」
;文亨進の説教.2015.3.15. https://www.youtube.com/watch? v=MljXewZmIgc.「真の父母様の関係がラスベガスではどうだったのか話したくないでしょう。 ipeacetvの関連者に『このビデオは流出してはいけない。携帯電話を全て消せ。撮るな』何故な ら、お父様が『お母様、こういうことが続けば、あなたと離婚する』と言われたからです。天使長! あなたたちも2つの目でそのみ言葉を聞きませんでしたか」

韓鶴子は「家庭盟誓」にも手を付けた

 韓鶴子は「家庭盟誓」にも手を付けた。「家庭盟誓」の「神様」を「天の父母様」に、「成約時代」を「天一国時代」に変更した。「天の父母様」に名称を変更したのは宗教の絶対者を変更したのと同じだ。絶対者を変更したということは、 改宗や新宗教創立にありうる内容である。もちろん、創始者が残した多くの説教の中に「天の父母様」という言及はなくはないが、統一教会の神格は「神様」だ った。父母としての「神様」は一つの存在として父なる神様と母なる神様の2つの属性を共に呼ぶ言葉だ。「天の父母」という名称は一見、天の父と天の母の2つの存在を同時に呼称するものと錯覚し得る。


 また、創始者が呼称した絶対者の名称が、誰かの指示により簡単に修正され たとしても、宗教のアイデンティティを代表する絶対者の意味として認識されるのは決して容易ではない。変更するのであれば、統一教会の信念体制と儀礼体制に基づいた、然るべき合理化過程を経てはじめて、その絶対者の意味が完全なものとなるのである。そのような過程なしに変更するとすれば、アイデンティテ ィの混乱は避けられない*1。 


「家庭盟誓」8節の「成約時代」を「天一国時代」と変更することは、統一教会 信仰者たちの歴史認識を混沌とさせる可能性がある。統一教会神学の歴史認識において、「成約時代」は人間が堕落せず完成期に突入した時代をいう。創始者が真の家庭を成し、これを通して地上天国を実現することができる時代が到来したことを意味する。また、崇拝行為を主に行っていた宗教時代を越え、統一教会人と人類が、自己の責任により完成する時代がまさに成約時代であり、成約時代の結果が天一国である。変更された「家庭盟誓」は、成約時代の意味を縮小し、成約時代の統一教会人の価値と責任、そして権利に対する認識に混乱を招き、統一教会人の歴史意識を弱化させる可能性が大きい。


 創始者の宗教的人生の過程と、韓鶴子の宗教的人生の過程は決して同じではなく、韓鶴子のカリスマは、創始者のカリスマの影に過ぎないにもかかわらず、韓鶴子が「家庭盟誓」をはじめとする「八大教材教本」に手を付けた意図は、「神様の夫人論」「真の母メシヤ論」「真の母神様論」に連結される韓鶴子の神格化と関連があり、韓鶴子統一教会統治につながる。この事実は2014年から現在まで韓鶴子が主張している独生女論によって確認できる。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

 

*1:崇拝対象の名称の変更は、韓鶴子の神格化作業の一部分と見受けられるが、統一教会の教理の 創造主「神様」の概念とは異なる「母なる神様」を強調する試みではないかと考えられる。このような発想は、世俗的女性神学の一部理論を統一原理の解釈に適応することにより、統一教会の 教理を世俗化させている論文「真の母神様論」の発想と相通ずる。この論文は、統一教会の教理 が主張する絶対者の属性を、女性神学または女性解放論の観点で分解し、統一教会固有のアイ デンティティを女性神学の理論で解釈しているという批判を免れない

韓鶴子が「霊界報告書」を廃棄した理由

 結論として、創始者の『平和神経』平和メッセージ17編のうち、12編が『平和経』に編入され、残りの5編(表3下線表示)は、『改定天聖経』に抜粋されて吸収 または削除された。平和メッセージと一緒に『平和神経』を構成する「霊界報告書-神様は人類の父母」は完全に廃棄された。


 韓鶴子が「霊界報告書」を廃棄した理由は、まず「八大教材教本」に「韓鶴子」が、わずか7回だけしか言及されていないということと、第2に特に「平和神経 付録-霊界報告書」に韓鶴子の血統的価値は言うまでもなく、彼女の宗教的価値を言及する内容は一度も言及されていなかったが、内容全体に創始者文鮮明先生」を「血統が分別され神様が送ったメシヤ」と証しているからである。結局、創始者は有原罪で堕落した血統であるのに対し韓鶴子は無原罪純血という 独生女論と矛盾する内容を削除する為に、韓鶴子が『平和神経』の霊界報告書 を統廃合したのである*1。 


文鮮明先生の血統を分別し聖別してメシヤとして送るまで、神様は超緊張の歳月を送った*2

「今、神様は人間の創造主であると同時に人間の父母であると明らかにしてくださったことと、文鮮明先生が真の父母様であると明らかにしてくださった点だけでも、私は私の人生において無限の満足を感じる*3

「今日、メシヤの使命を果たす為に再び来られた方は、文鮮明先生であられる。その方がまさに再臨主であられる。…時代の流れを考えて、 文鮮明先生が成し遂げられた業績を思い出してみろ*4

「成約時代の主人公は文鮮明先生であり、その方が再臨のメシヤであるからである*5

 

     f:id:messiah-ken-jp:20170720090734p:plain

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

*1:『天国を開く門、真の家庭』3頁.;「平和神経付録-霊界報告書」7頁.;8頁.;10頁.;12頁.;14頁.;15 頁.;16頁.;18頁.;19頁.;21頁.;22頁.;25頁.;27頁.;28頁.;30頁.;32頁.;33頁.;35頁.;38頁.;39頁.;40頁.;42 頁.;43頁.;44-46頁;113-117頁

*2:「平和神経付録-霊界報告書」8頁.

*3:「平和神経付録-霊界報告書」90頁.

*4:「平和神経付録-霊界報告書」9頁

*5:「平和神経付録-霊界報告書」10頁

天聖経は特定宗派の経典に改悪された

①『天聖経』解体


 統一教会日本協会長徳野英治は、新しく出版された天聖経の30%は創始者が制定した『天聖経』から、残りの70%は『み言葉選集』から抜粋されたと伝え、創始者が制定した『天聖経』を否定するのではなく増補版を出版したと主張している。 しかし、実際に創始者の『天聖経』16巻の中で、前の第1巻から第5巻だけを残して残りは削除され、韓鶴子の『改定天聖経』14編のうち8編が新たに編入されている。 創始者の『天聖経』16巻の中で、残された第1巻から第5巻までの小見出しを『改定天聖経』の同じ大見出しの下にある小見出しと比較してみると、多くの違いがあるこ とを知ることができる。結局、創始者の生前に統一教会人たちと何十回繰り返して訓読する中で監修し決定した小見出しと段落を大幅に変えたということである。

  また「増補版編纂委員会」が新しい天聖経の製作作業をしながらやりとりした文書や「増補版編纂及び監修委員らに提言する指針*1」を基準として見る時、 経典を改定したのではなく、ほぼ新しい天聖経を製作したと批判することができる。実際、下の表1)と表2)で分かるように、統一教会創始者が数十回訓読し精魂を込めた(文鮮明)『天聖経』の20%にも満たない分量だけを、新しく製作した韓鶴子の『天聖経』に含めたものと思われる。このような事実は、創始者の天聖経が特定宗派の経典*2に改悪されたという批判から逃れ難い*3*4

 

 

f:id:messiah-ken-jp:20170719091413p:plain

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

 

*1:李載錫,「天聖経増補版監修案内書」2012.12.29.「1.天聖経増補版を発行しなければならない理由 2.伝承事業の概観 3.経典とはどんな本か 4.経典の目的は何か 5.天聖経増補版の主題 6.天聖経の特徴 7.監修する原則は…」;李載錫,「天聖経再編纂委員諸君」2012.10.5.「1.宗教を構成する要素,2.聖書から見る宗教の共通項目と3種類の宗教の例」

*2:李載錫,「天聖経増補版監修案内書」5頁.;「世界的宗教を構成する要素を見ると、8種類からなっています。(1)究極的実在(2)宗教的世界観(3)宗教的体験(4)修行(5)儀礼(6)倫理(7)創始者(8)宗 教共同体」;李副委員長は、キリスト教仏教イスラームの経典の事例から上記8つの要素を推論し、『天聖経』も宗教の経典になる為には上記の形式に従うべきことを提言している。そして、韓鶴子の『改定天聖経』は、上記8つの要素を反映して、全13編で大見出しを構成している。

*3:「八大教材教本」統廃合に反対した動き:2013.7.14.統一教会天福宮で1人デモ、2013.7.21.祝福家庭決起大会,2013.7.29.統一教会韓国協会本部前祝福家庭決起大会,2013.8.15.天福宮前祝福家庭決起大会.

*4:真のお父様制定天聖経守護祝福家庭協議会,『真のお父様の「8大教材教本」を無視した天一国経典制定に関する問題』